医療機関と開業鍼灸マッサージ施術所をつなぐネットワークを考える鍼灸マッサージ師の集い

1,2月セミナー受け付けしております。

center

鍼灸柔整新聞1000号に掲載されました(平成27年5月10日)。資料:取材情報へ

 

 

 

トワテックリサーチ様に収録により上の動画は提供されております。

2016 9/29「病鍼連携連絡協議会勉強会11月」のお知らせ(右Navi 月次勉強会ページへ)

↑↑募集開始しました。

はじめに

当サイトをご訪問下さり有り難うございます。
2013年12月にFacebook内グループとして発足した、医療機関と開業鍼灸マッサージ施術所をつなぐネットワーク構築の為、共に学び合う鍼灸マッサージ師の集いです。我が国の医療制度は平成12年の第四次医療制度改革以降、病診連携が進み、診療所から病院、また病院から診療所への診療情報提供(Patient Referral Letter: PRL)を用いた連携が本格的に行われるようになりました。私は一個人開業鍼灸マッサージ施術所院長として16年臨床に従事する間、100例の御高診願い(Consultation Request Form: CRF)を診療所/総合病院に対して発行し、患者様に必要な検査、診断、フォローをお願いして参りました。その報告は(一社)日本東洋医学系物理療法学会にて行い、原著論文として掲載されました(本サイト資料ページに掲示)。
 一方で平成25年「一般社団法人 統合医療支援センター(織田聡理事長)」が発足し、医師がマネジメントする日本型統合医療の推進を図る会として医療機関と鍼灸施術の連携をスムーズにする活動がはじまったところです。
 本会は織田医師が推進する「日本型統合医療」の受け皿となる鍼灸マッサージ師のネットワークを構築し、「自己完結型」ではなく、病院医師とよりよいコミュニケーションをとりながら、患者様にとって安心して受けていただける鍼灸マッサージ施術を提供できるよう、講習会、研修を通して学び合う鍼灸マッサージ師の集いとなるようにと、設立いたしました。鍼灸マッサージ臨床の施術内容を、医療機関の医師にも可視的に共有し、医師の先生方から信頼される施術環境作りを進めていけるよう、努力を惜しまない所存です。本会の開催する講習会・シンポジウムなどにご参加いただき、新しい日本型統合医療の構築にお力添えいただければ幸甚です。
 
発起人世話役 はり師 きゅう師 あん摩マッサージ指圧師 長谷川尚哉
(一社)日本東洋医学系物理療法学会理事
社会医療法人三思会とうめい厚木クリニック統合医療療法科
大磯治療院院長・(株)ソクラー・テクノス代表取締役社長
※世話人会メンバー(順不同)
井前成隆  前東海大学大磯病院非常勤勤務、井前鍼灸院院長
萱間洋平  花田学園専任教員
粕谷大智  東京大学病院リハビリテーション科主任
木津正義  明生鍼灸院勤務 俵IVFクリニック鍼灸室
糸井信人  臨牀鍼灸醫學研究會 気単会 代表および研究責任者、糸井鍼灸治療院 院長
渡邊一哉  北海道鍼灸マッサージ柔整共同組合理事 全国鍼灸マッサージ協会副理事長
      円山漢祥院・円山接骨院院長
菊池友和  埼玉医科大学東洋医学センター
鳥海春樹  慶應大学医学部神経内科 鳥海治療院院長
藤井伸康  NPO法人日本臨床研究研修機構代表 江古田パレス鍼灸治療院院長
建部陽嗣  京都府立医科大学 在宅チーム医療推進学 特任助教
無料メルマガ購読・解除
ID: 1627976
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ